(昭和46年5月7日規則第12号)
改正
昭和46年12月18日規則第15号
昭和46年12月19日規則第16号
昭和47年3月15日規則第3号
昭和47年12月22日規則第9号
昭和48年3月15日規則第1号
昭和48年5月10日規則第4号
昭和48年12月15日規則第13号
昭和49年6月12日規則第13号
昭和49年7月1日規則第17号
昭和49年12月26日規則第24号
昭和50年3月18日規則第2号
昭和50年12月25日規則第5号
昭和51年3月29日規則第3号
昭和51年6月1日規則第11号
昭和51年8月2日規則第12号
昭和51年12月24日規則第13号
昭和52年12月22日規則第12号
昭和53年3月15日規則第1号
昭和53年7月1日規則第5号
昭和53年12月22日規則第9号
昭和54年3月13日規則第5号
昭和54年6月28日規則第10号
昭和54年12月24日規則第16号
昭和55年12月23日規則第8号
昭和56年3月30日規則第1号
昭和56年6月25日規則第7号
昭和56年12月28日規則第12号
昭和57年3月15日規則第2号
昭和58年6月24日規則第2号
昭和58年12月22日規則第6号
昭和59年4月13日規則第9号
昭和59年5月29日規則第10号
昭和59年7月1日規則第11号
昭和59年12月26日規則第13号
昭和60年3月18日規則第1号
昭和60年3月30日規則第4号
昭和60年11月18日規則第8号
昭和60年12月26日規則第9号
昭和61年3月31日規則第1号
昭和61年12月25日規則第7号
昭和62年3月30日規則第9号
昭和62年9月1日規則第12号
昭和62年12月25日規則第16号
昭和63年3月25日規則第4号
昭和63年12月26日規則第14号
平成元年7月14日規則第13号
平成元年12月27日規則第16号
平成2年3月27日規則第1号
平成2年6月15日規則第3号
平成2年9月25日規則第7号
平成2年11月21日規則第8号
平成2年12月26日規則第10号
平成3年3月28日規則第5号
平成3年12月25日規則第14号
平成4年3月31日規則第7号
平成4年10月9日規則第11号
平成4年12月25日規則第15号
平成4年12月28日規則第19号
平成5年3月31日規則第4号
平成5年12月22日規則第11号
平成6年3月30日規則第3号
平成6年4月30日規則第7号
平成6年12月19日規則第12号
平成7年3月30日規則第1号
平成7年3月30日規則第9号
平成7年5月10日規則第10号
平成7年12月22日規則第15号
平成8年3月25日規則第2号
平成8年12月22日規則第10号
平成9年3月24日規則第7号
平成9年3月31日規則第11号
平成9年12月22日規則第16号
平成10年12月22日規則第9号
平成11年3月23日規則第6号
平成11年6月18日規則第14号
平成11年12月22日規則第19号
平成12年12月20日規則第17号
平成14年2月21日規則第1号
平成14年3月25日規則第7号
平成14年3月29日規則第11号
平成14年11月25日規則第18号
平成15年11月27日規則第8号
平成16年3月15日規則第1号
平成16年3月15日規則第2号
平成16年10月6日規則第8号
平成16年10月28日規則第10号
平成17年3月11日規則第1号
平成17年3月31日規則第3号
平成17年11月22日規則第8号
平成18年3月17日規則第5号
平成19年3月16日規則第3号
平成19年3月26日規則第6号
平成19年12月10日規則第12号
平成20年3月17日規則第1号
平成20年3月17日規則第3号
平成20年9月16日規則第15号
平成20年9月16日規則第16号
平成21年3月16日規則第1号
平成21年11月30日規則第8号
平成22年3月31日規則第5号
平成22年11月30日規則第10号
平成23年3月16日規則第1号
平成24年3月28日規則第9号
平成25年3月27日規則第4号
平成26年12月5日規則第13号
平成27年3月13日規則第2号
平成27年3月27日規則第10号
平成27年12月22日規則第16号
平成28年3月26日規則第7号
平成28年12月26日規則第19号
平成30年1月25日規則第2号
平成30年12月7日規則第10号
一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則(昭和41年規則第6号)の全部を改正する。
目次
第1章 総則(第1条・第2条)
第2章 給料
第1節 級別定数(第3条・第4条)
第2節 級別資格基準(第5条-第10条)
第3節 新たに職員となった者の職務の級及び号給(第11条-第19条)
第4節 昇格及び降格(第20条-第24条)
第5節 初任給基準又は給料表の適用を異にする異動(第25条-第28条)
  第6節 削除
第7節 昇給(第33条-第41条)
第8節 特別の場合における号給の決定(第42条-第44条)
第3章 手当
第1節 初任給調整手当(第45条)
第2節 管理職手当(第46条・第47条)
第3節 扶養手当(第48条・第49条)
第3節の2 住居手当(第49条の2-第49条の10)
第4節 通勤手当(第50条-第61条)
第4節の2 特殊勤務手当(第61条の2・第61条の3)
第5節 時間外勤務手当等(第61条の4-第66条)
第5節の2 管理職員特別勤務手当(第66条の2-第66条の5)
第6節 期末手当(第67条-第70条の7)
第7節 勤勉手当(第71条-第75条の2)
第8節 寒冷地手当(第76条-第77条の2)
第9節 災害派遣手当(第78条)
第4章 給与の支給(第79条-第90条)
第5章 雑則(第91条)
附則

(目的)
(用語の定義)
第3条 削除
(級別定数)
(級別資格基準表)
(級別資格基準表の適用方法)
(経験年数の起算及び換算)
(経験年数の調整)
(経験年数の取扱いの特例)
(特定の職員の在級年数の取扱い)
(新たに職員となった者の職務の級)
(新たに職員となった者の号給)
(初任給基準表の適用方法)
(学歴免許等の資格による号給の調整)
(経験年数を有する者の号給)
(下位の区分を適用するほうが有利な場合の号給)
(人事交流等により異動した場合の号給)
(特殊の職に採用する場合の号給)
(特定の職員についての号給)
(昇格)
(上位資格の取得等による昇格)
(特別の場合の昇格)
(昇格の場合の号給)
(降格の場合の号給)
(初任給基準を異にする異動の場合の職務の級)
(初任給基準を異にする異動をした職員の号給)
(給料表の適用を異にする異動の場合の職務の級)
(給料表の適用を異にする異動をした職員の号給)
第29条から第32条まで 削除
(昇給日)
(昇給号給数の抑制に係る年齢の特例)
(勤務成績の証明)
第35条から第37条まで 削除
(昇給号給数の抑制に係る年齢の特例)
(研修、表彰等による昇給)
(特別の場合の昇給)
(最高号給を受ける職員についての適用除外)
(上位資格の取得等の場合の号給の決定)
(復職時等における号給の調整)
(給料の訂正)
(初任給調整手当)
(管理職手当を支給する職及びその支給割合)
組織の区分支給割合
町部局本庁課長100分の10
業務名を冠する主幹100分の10
室長100分の10
病院院長100分の15
副院長100分の13
医長100分の8
事務長100分の10
総看護師長100分の10
教育委員会事務局課長100分の10
主幹100分の10
議会事務局局長100分の10
農業委員会事務局局長100分の10
(扶養手当)
(適用除外職員)
第49条の3から第49条の5まで 削除
(届出)
(確認及び決定)
(家賃の算定の基準)
(支給の始期及び終期)
(事後の確認)
(通勤の意義)
(通勤届)
(確認及び決定)
(支給範囲の特例)
(運賃等相当額の算出の基準)
(再任用短時間勤務職員に係る通勤手当の減額)
(交通の用具)
(自転車等の使用についての特例)
(併用職員の区分及び支給額)
(支給の始期及び終期)
(支給できない場合)
(事後の確認)
(医師手当)
(夜間看護手当の加算)
(時間外勤務手当の支給割合等)
(休日勤務手当の支給割合)
(休日勤務手当の支給される日)
(時間外勤務手当等の額の特例)
(勤務1時間当たりの給与額の算出基礎となる時間)
(宿日直手当)
(宿日直手当の額)
(時間外勤務等命令簿及び特殊勤務命令簿等)
(管理職員特別勤務手当の支給対象業務)
(管理職員特別勤務手当の額等)
(勤務実績簿等)
(期末手当の支給を受ける職員)
(期末手当に係る在職期間)
(一時差止処分に係る在職期間)
(一時差止処分の手続)
(一時差止処分の取消しの申立ての手続等)
(一時差止処分の取消しの通知)
(不服申立ての教示)
(加算を受ける職員及び加算割合)
(勤勉手当の支給を受ける職員)
(勤勉手当の支給割合)
(勤勉手当の期間率)
勤務期間割合
6箇月100分の100
5箇月15日以上6箇月未満100分の95
5箇月以上5箇月15日未満100分の90
4箇月15日以上5箇月末満100分の80
4箇月以上4箇月15日未満100分の70
3箇月15日以上4箇月未満100分の60
3箇月以上3箇月15日未満100分の50
2箇月15日以上3箇月未満100分の40
2箇月以上2箇月15日未満100分の30
1箇月15日以上2箇月未満100分の20
1箇月以上1箇月15日未満100分の15
15日以上1箇月末満100分の10
15日未満100分の5
00
(勤勉手当に係る勤務期間)
(勤勉手当の成績率)
(端数計算)
(災害派遣手当)
施設の利用区分公用の施設又はこれに準ずる施設(1日につき)その他の施設(1日につき)
日数の区分
30日以内の期間3,970円6,620円
30日を超え60日以内の期間3,970円5,870円
60日を超える期間3,970円5,140円
(分限休職者の給与の支給割合)
(口座振込み)
(日割計算)
(給料の支給)
(給料の繰上げ支給)
(就職又は離職した職員の給料)
(休職、停職又は復職の場合の給料)
(昇給、降給等の場合の給料)
(初任給調整手当及び扶養手当の支給)
(管理職手当、扶養手当等の支給)
(期末手当及び勤勉手当の支給定日)
基準日支給定日
6月1日6月30日
12月1日12月10日
(任命権者を異にして異動した場合における給与の支給)
(職員別給与台帳)
(給与支給明細書)
(この規則により難い場合の措置)
(施行期日)
(経過措置)
(55歳を超える職員の給与の減額支給等)
(施行期日)
(一定年齢をこえる職員の昇給に関する経過措置)
(施行期日等)
(最高号給等職員の号給等の切替え)
(最高号給等職員の期間の通算)
(旧号給等を受けていた期間の特例)
(切替日から施行日の前日までの間の異動者の号給等)
(2) 改正前の規則第17条、第26条又は第27条の規定により改正前の号給等を特定号給又は改正条例附則別表の期間欄に定める期間が9月とされる同表の旧号給欄に掲げる号給の1号給上位の号給に決定された職員については、改正前の条例の規定及び規則の規定を適用した場合に得られる次期昇給の時期から改正前の号給等に係る昇給期間に相当する期間をさかのぼった時期(以下この号において「異動者の改正前の号給を受けたとみなす日」という。)に当該改正前の号給等を受けたものとして切替日において、改正条例附則第3項から第5項までの規定(以下「切替規定」という。)を準用した場合に得られる切替日における号給又は給料月額(以下「新号給等」という。)及びこれらを受けることとなる期間を基礎として、当該決定の日に受けることとなる号給及び当該号給を受けることとなる期間をもって、それぞれその者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれらを受けることとなる期間とする。この場合において、異動者の改正前の号給を受けたとみなす日が昭和46年7月1日又は同年10月1日となるときは、それぞれ昭和45年7月1日又は同年10月1日に改正前の号給等の1号給下位の号給を受けたものとして取り扱うものとする。
(切替日前に昇格等の異動をした職員に準ずる職員)
(切替日前に昇格等の異動した職員の号給等の調整)
(初任給の経過的特例等)
(昇格又は降格の場合の給料月額の特例等)
(暫定給料月額を受ける職員の特別昇給等)
(暫定給料月額を受けることがなくなった日における号給)
(切替え等の例外措置)
附則別表
切替日における職務の等級1等級2等級3等級4等級
給料別表区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等
行政職給料表号給又は給料月額20号給20号給21号給21号給21号給21号給19号給19号給
114,200125,10094,400104,30081,50089,30064,40071,100
116,200127,10095,700105,60082,70090,50065,40072,100
医療職給料表(1)号給又は給料月額19号給19号給22号給22号給24号給24号給  
189,800205,500165,80023号給145,700159,000  
192,500208,300168,100182,500147,500160,900  
195,200211,100170,400184,900149,300162,800  
切替日における職務の等級5等級      
給料別表区分旧号給等新号給等      
行政職給料表号給又は給料月額17号給17号給      
45,20050,400      
46,10051,300      
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
備考 この表中区分欄の「旧号給」とは「切替日の前日において、その者の属する職務の等級の号給又は給料月額」を示し「新号給等」とは「切替日におけるその者の属する職務の等級の号給又は給料月額」を示す。
(施行期日等)
(最高号給等職員の号給等の切替え)
(最高号給等職員の期間の通算)
(旧号給等を受けていた期間の特例)
(特定の最高号給等職員の切替え)
(切替期間における異動者の号給等)
(1) 旧号給等が最高号給等職員のうち、改正条例附則第3項に規定する切替期間(以下「切替期間」という。)において、規則第23条、第24条、第26条、第28条、第36条、第38条、第43条、第44条又は第91条の規定により改正条例附則第3項に規定する改正前の条例(以下「改正前の条例」という。)の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員については、それぞれ当該決定の日において改正条例附則第3項に規定する改正後の条例(以下「改正後の条例」という。)の規定及び改正後の規則を適用した場合に得られる号給等及びこれらに係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、「改正後の号給等を受けたとみなす日から特別昇給をした日の前日までの期間に相当する期間)をもって、それぞれその者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれらを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格し、又は降格した職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の号給等を当該昇格又は降格の日の前日に受けていたものとみなして、規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(改正条例の附則の適用関係)
(次期昇給の取扱い)
9 第4項第2号に掲げる職員のうち、同号ただし書の規定により旧号給等を受けていた期間を0として取扱われた職員の切替日以後の最初の昇給の時期は、切替日から起算して、同日から当該旧号給等を受けたとみなす日の前日までの期間とその者の新号給等に係る昇給期間とを合算した期間に相当する期間を経過した時以後の規則第35条に定める昇給の時期とする。ただし、その者の特別昇給後の号給又は給料月額に係る改正前の条例の規定による昇給期間と改正後の条例の規定による昇給期間とが異なるときは、当該特別昇給の日において改正後の条例の規定により特別昇給をしたものとした場合に得られる規則第40条の規定による当該特別昇給後の最初の昇給の時期をもって、その者の切替日以後の最初の昇給の時期とする。また、特別昇給に係る改正後の号給等を第6項第1号、同項第4号又は同項第7号(イ)の規定により決定された職員のうち、第4項第2号ただし書の規定の準用により特別昇給に係る改正後の号給等を受けることとなる期間を0とされた職員の当該特別昇給の日以後の最初の昇給の時期は、同日から起算して、当該特別昇給の日から当該特別昇給に係る改正後の号給等を受けたとみなす日の前日までの期間と当該改正後の号給等に係る昇給期間とを合算した期間に相当する期間を経過した時以後の規則第35条に定める昇給の時期とする。
附則別表
切替表における職務の等級1等級2等級3等級4等級
給料表別区分切替日の前日切替日切替日の前日切替日切替日の前日切替日切替日の前日切替日
行政職給料表号給又は給料月額20号給20号給21号給21号給21号給21号給19号給19号給
125,100135,900104,30022号給89,30097,20071,10077,700
127,100137,900105,600115,80090,50098,40072,10078,700
129,100139,900106,900117,10091,70099,60073,10079,700
131,100141,900108,200118,40092,900100,80074,10080,700
133,100143,900109,500119,70094,100102,00075,10081,700
医療職給料表(1)号給又は給料月額19号給19号給23号給23号給24号給24号給  
205,500222,100182,500198,000159,000173,200  
208,300225,100184,900200,500160,900175,100  
211,100228,100187,300203,000162,800177,000  
213,900231,100189,700205,500164,700178,900  
216,700234,100192,100208,000166,600180,800  
医療職給料表(2)号給又は給料月額22号給22号給22号給22号給20号給20号給13号給13号給
105,40023号給86,60094,70069,10075,70046,80052,500
106,800117,00087,70095,90070,10076,70047,70053,400
108,200118,40088,80097,10071,10077,70048,60054,300
109,600119,80089,90098,30072,10078,70049,50055,200
111,000121,20091,00099,50073,10079,70050,40056,100
医療職給料表(3)号給又は給料月額23号給23号給26号給26号給23号給23号給  
99,40024号給80,40088,00068,20075,100  
100,600110,40081,40089,00069,20076,100  
101,800111,70082,40090,00070,20077,100  
103,000113,00083,40091,00071,20078,100  
104,200114,30084,40092,00072,20079,100  
切替表における職務の等級5等級      
給料表別区分切替日の前日切替日      
行政職給料表号給又は給料月額17号給17号給      
50,40056,100      
51,30057,000      
52,20057,900      
53,10058,800      
54,00059,700      
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
医療職給料表(3)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
(施行期日等)
(旧号給等を受けていた期間の特例)
(切替え等の例外措置)
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料月額等)
(期間の通算)
(施行期日等)
(住居手当の届出にかかる経過措置)
(施行期日)
(住居手当に係る経過措置)
(施行期日等)
(切替え等に関する特例)
(住居手当に関する経過措置)
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料月額の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替え等に関する特例)
附則別表 略
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料月額の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替え等に関する特例)
(住居手当に関する経過措置)
改正
昭和57年3月15日規則第2号
昭和60年12月26日規則第9号
昭和61年3月31日規則第1号
平成9年3月24日規則第7号
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
7 改正条例附則第7項の町長が定める場合は、基準日において職員の属する職務の級が附則別表第1に掲げる職務の級以外の職務の級であるときにあっては同日において当該職員が受ける職務の級の号給(当該号給が附則別表第2の号給欄に掲げる号給であるときは、当該号給に係る調整号給)が、また、同日において職員の属する職務の級が附則別表第1に掲げる職務の級であるときにあっては対応号給(当該対応号給が附則別表第2の号給欄に掲げる号給であるときは、当該対応号給に係る調整号給)がそれぞれ当該職務の級(同日において職員の属する職務の級が附則別表第1に掲げる職務の級であるときは、1級下位の職務の級)に係る対応等級の昭和55年8月9日における最高の号給の号数を超える号数の号給(以下「増設号給」という。)である場合、基準日において職員の属する職務の級が附則別表第1に掲げる職務の級である場合(当該職務の級の最高の号給を超える給料月額を受ける場合を除く。)で同日において当該職員が受ける給料月額と同じ額の当該職務の級の1級下位の職務の級の給料月額(同じ額の給料月額がないときは、直近下位の給料月額。以下「対応給料月額」という。)が当該1級下位の職務の級の最高の号給を超える給料月額であるときとし、同項の規則で定める額は、次の各号に掲げる場合の区分に応じ、当該各号に定める額とする。
附則別表第1
給料表職務の級
行政職給料表5級 7級
医療職給料表(2)
医療職給料表(3)
4級
附則別表第2
給料表職務の級号給調整数
行政職給料表1級すべての号給+1
4級すべての号給+1
6級すべての号給+1
8級すべての号給+1
医療職給料表(1)1級5号給以下の号給+1
6号給から8号給までの号給+2
9号給から11号給までの号給+3
12号給以上の号給+4
2級3号給以下の号給+1
4号給から6号給までの号給+2
7号給以上の号給+3
3級3号給以下の号給+1
4号給以上の号給+2
医療職給料表(2)1級2号給+1
3号給以上の号給-2
医療職給料表(3)5級すべての号給+3
備考 調整数欄の「+」の数は加える数を、「-」は減ずる数を示す。
附則別表第3
給料表職務の級職務の等級
行政職給料表(1)1級5等級
2級4等級
3級3等級
4級2等級
6級1等級
医療職給料表(1)2級3等級
3級2等級
4級1等級
医療職給料表(2)1級3等級
(2号給以下の号給にあっては、4等級)
2級2等級
3級1等級
5級特1等級
医療職給料表(3)1級4等級
2級3等級
3級2等級
5級1等級
改正
昭和58年12月22日規則第6号
昭和60年12月26日規則第9号
(施行期日等)
第2条 削除
(昇給に関する経過措置)
(施行期日等)
(最高号給等職員の号給等の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替え等に関する特例)
(住居手当に関する経過措置)
(施行期日等)
(西川町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則の一部を改正する規則の一部改正)
(施行期日等)
(最高号給等を受ける職員の号給等の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
附則別表
職務の等級特1等級1等級2等級3等級
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等
行政職給料表号給又は給料月額  22号給22号給25号給25号給24号給24号給
  23号給26号給
  307,400266,500222,100226,300
  311,000316,800268,900273,900224,300228,500
  314,600320,400271,300276,300226,500230,700
  318,200324,000273,700278,700228,700232,900
  321,800327,600276,100281,100230,900235,100
医療職給料表(1)号給又は給料月額  20号給20号給23号給23号給24号給24号給
  
  463,700472,300424,700432,600381,200388,300
  468,500477,100429,000436,900384,900392,000
  473,300481,900433,300441,200388,600395,700
  478,100486,700437,600445,500392,300399,400
  482,900491,500441,900449,800396,000403,100
医療職給料表(2)号給又は給料月額20号給20号給24号給24号給24号給24号給20号給20号給
310,700316,500263,400268,400215,300219,400168,800172,000
314,300320,100265,800270,800217,500221,600170,800174,000
317,900323,700268,200273,200219,700223,800172,800176,000
321,500327,300270,600275,600221,900226,000174,800178,000
325,100330,900273,000278,000224,100228,200176,800180,000
医療職給料表(3)号給又は給料月額  27号給27号給28号給28号給30号給30号給
  
  312,500318,300280,700286,000238,800243,300
  315,200321,000283,200288,500241,200245,700
  317,900323,700285,700291,000243,600248,100
  320,600326,400288,200293,500246,000250,500
  323,300329,100290,700296,000248,400252,900
職務の等級4等級5等級    
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等    
行政職給料表号給又は給料月額19号給19号給17号給17号給    
    
173,600176,900126,500128,900    
175,600178,900128,100130,500    
177,600180,900129,700132,100    
179,600182,900131,300133,700    
181,600184,900132,900135,300    
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)号給又は給料月額13号給13号給      
      
120,100122,400      
121,700124,000      
123,300125,600      
124,900127,200      
126,500128,800      
医療職給料表(3)号給又は給料月額29号給29号給      
      
204,900208,700      
207,100210,900      
209,300213,100      
211,500215,300      
213,700217,500      
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(施行期日)
改正
昭和61年3月31日規則第1号
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の切替え等)
(昇給停止年齢を超える職員の経過措置昇給に係る期間の通算)
(旧号給等を受けていた期間の特例)
(切替期間における異動者の職務の級)
(切替期間における異動者の号給等及びこれを受けることとなる期間)
(1) 切替期間において昇給以外の事由により改正前の号給等を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る昇給期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の昇給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0)をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格した職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の号給等(切替日における昇給、特別昇給等をした者については当該昇給、特別昇給等がないものとする。)を切替日の前日に受けていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。また、切替期間において改正前の条例の規定により昇格をした職員のうち、当該昇格の日における職務の級が当該昇格前におけるその者の職務の級の2級上位の職務の級である職員については、当該昇格の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定によりそれぞれ1級上位の職務の級への昇格が順次行われたものとする。
(3) 第1号の規定にかかわらず、切替期間において特別昇給をした職員のうち、当該特別昇給をした日における改正前の号給等が附則別表第1若しくは別表第2の旧給料月額欄又は改正条例附則別表第2若しくは附則別表第3の旧号給欄においてそれらの表の新号給等欄又は新号給欄に掲げる号給等に対応して2以上の号給等が掲げられている場合における当該号給等である職員(次号に規定する職員を除く。)で切替日前に特別昇給をした職員との間に著しく均衡を欠くと認められるものの改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間については、当該改正前の号給等に係る改正前の条例及び改正前の規則の規定による最初の昇給の予定の日から当該改正前の号給等からの昇給に係る昇給期間をさかのぼった日(以下この号において「改正前の号給等を受けたとみなす日」という。)に当該改正前の号給等を受けたものとして当該改正前の号給等を基礎として切替日において附則第4項から第6項まで及び改正条例附則第4項から第6項までの規定を準用した場合に当該決定の日に受けることとなる号給等及びこれを受けることとなる期間をそれぞれの者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とすることができる。この場合において、改正前の号給等を受けたとみなす日が切替日以後となるときは、当該改正前の号給等の直近下位の号給等からの昇給に係る昇給期間をさかのぼった日に当該直近下位の号給等を受けたものとみなす。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(切替日前の異動者に準ずる職員)
(改正条例附則第7項及び附則第8項との関係)
(次期昇給の取扱い)
(切替日以後の昇給に係る勤務成績の判定)
(職員に対する通知及び給料の切替調書)
(切替え等に関する特例)
(経過措置)
23 改正条例附則第3項の規定により切替日におけるその者の職務の級を定められた職員(旧等級が医療職給料表(2)の4等級である職員を除く。)に係る当該切替後の職務の級の1級上位の職務の級への昇格(切替日から昭和61年6月30日までの間における改正後の規則第20条の規定によるものに限る。)については、同条第3項中「現に属する職務の級に1年以上」とあるのは、「西川町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(昭和60年12月町条例第23号)附則第3項の規定により昭和60年7月1日(以下この項において「切替日」という。)における職務の級を同条例附則別表第1の職務の級欄の右欄に定める職務の級(同表の職務の級欄に切替日の前日においてその者が属していた職務の等級(以下この項において「旧等級」という。)に対応する職務の級が2掲げられている場合の右欄に掲げられているものをいう。以下この項において「新設の職務の級」という。)に定められた職員にあっては、旧等級と同項の規定により定められた職務の級に通算2年以上、同項の規定により切替日における職務の級を新設の職務の級以外の職務の級に定められた職員にあっては、旧等級と同項の規定により定められた職務の級に通算1年以上」と、同項ただし書中「1年」とあるのは、「1年(切替日における職務の級を新設の職務の級に定められた職員にあっては、2年)」とする。
附則別表第1
職務の級1級2級3級4級
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等
133,000円139,600円182,400円191,500円233,400円25号給282,400円26号給
134,600141,200184,400193,500235,60026号給284,80027号給
136,200142,800186,400195,500237,80027号給287,20028号給
137,800144,400188,400197,500240,000251,800円289,600303,900円
139,400146,000190,400199,500242,200254,000292,000306,300
職務の級5級6級7級  
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等  
282,400円21号給326,500円23号給326,500円20号給  
284,80021号給330,10024号給330,10021号給  
287,20022号給333,700350,100円333,70022号給  
289,60023号給337,300353,700337,300358,700円  
292,00024号給340,900357,300340,900362,400  
職務の級2級3級4級  
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等  
400,300円24号給445,900円24号給486,800円510,800円  
404,00025号給450,20025号給491,600515,600  
407,70026号給454,50026号給496,400520,400  
411,400431,700円458,800481,400円501,200525,200  
415,100435,400463,100485,700506,000530,000  
職務の級2級3級4級5級
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等
226,300円25号給276,900円25号給276,900円20号給326,300円21号給
228,50026号給279,30026号給279,30020号給329,90022号給
230,700242,100円281,70027号給281,70021号給333,50023号給
232,900244,300284,100298,200円284,10022号給337,100353,700円
235,100246,500286,500300,600286,50022号給340,700357,300
職務の級1級2級3級4級
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等
215,300円30号給250,900円31号給294,900円29号給294,900円25号給
217,50031号給253,30032号給297,40030号給297,40025号給
219,70032号給255,70033号給299,90031号給299,90026号給
221,900233,200円258,100270,800円302,400317,300円302,40027号給
224,100235,400260,500273,200304,900319,800304,90028号給
職務の級5級      
号給又は給料月額旧給料月額新号給等      
328,200円344,600円      
330,900347,300      
333,600350,000      
336,300352,700      
339,000355,400      
備考 これらの表中「1級」等とあるのは、切替日においてその者が属することとなる職務の級を示す。
附則別表第2
職務の等級6等級5等級
号給又は給料月額旧給料月額新号給等旧給料月額新号給等
  
126,30010号給177,40023号給
127,90011号給179,400188,300
129,50011号給181,400190,300
131,10011号給183,400192,300
132,70012号給185,400194,300
備考 これらの表中「5等級」等とあるのは、切替日の前日においてその者が属していた職務の等級を示す。
附則別表第3
給料表旧等級旧号給等職務の級
行政職給表2等級2号給
3号給
5級
1等級2号給
3号給
7級
医療職給料表(2)4等級127,900円
132,700円
 
1等級1号給から3号給まで4級
医療職給料表(3)2等級1号給から3号給まで4級
1等級1号給から3号給まで 
附則別表第4
給料表旧等級旧号給等職務の級
医療職給料表(2)4等級13号給 
129,500円
附則別表第5
給料表旧等級旧号給等職務の級
行政職給料表2等級19号給5級
21号給
24号給
1等級21号給7級
医療職給料表(2)4等級10号給 
1等級21号給4級
23号給
284,100円
医療職給料表(3)2等級26号給4級
附則別表第6
給料表旧等級旧号給等
行政職給料表2等級282,400円
医療職給料表(2)1等級276,900円
医療職給料表(3)2等級294,900円
附則別表第7
給料表旧等級旧号給
行政職給料表2等級3号給
1等級3号給
医療職給料表(2)1等級3号給
医療職給料表(3)2等級3号給
附則別表第8
給料表旧等級旧号給
行政職給料表2等級19号給
1等級21号給
医療職給料表(2)1等級23号給
附則別表第9
給料表職務の級号給
行政職給料表4級18号給
6級20号給
医療職給料表(2)3級23号給

(施行期日等)
(経過措置)
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の切り替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替期間における異動者の号給等)
ア 切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例及び改正後の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る昇給期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の号給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0。以下イ及び第4号において同じ。)をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格をした職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の条例の規定による職務の級の最高の号給を超える給料月額(以下「改正後の給料月額」という。)(同日における昇給、特別昇給等による給料月額を除く。)を切替日の前日に受けていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(切替日前の異動者に準ずる職員)
(改正条例附則第4項と附則第5項との関係)
(特別昇給をした職員の次期昇給の取扱い)
(切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定)
(職員に対する通知)
(給料の切替調書)
(切替え等に関する特例)
附則別表
職務の級1級2級3級4級
給料表別区分旧給料月額新給料月額旧給料月額新給料月額旧給料月額新給料月額旧給料月額新給料月額
行政職給料表給料月額
139,600142,800191,500195,800251,800257,600303,900310,800
141,200144,400193,500197,800254,000259,800306,300313,200
142,800146,000195,500199,800256,200262,000308,700315,600
144,400147,600197,500201,800258,400264,200311,100318,000
146,000149,200199,500203,800260,600266,400313,500320,400
医療職給料表(1)給料月額
334,200341,800431,700441,500481,400492,300510,800522,300
337,300344,900435,400445,200485,700496,600515,600527,100
340,400348,000439,100448,900490,000500,900520,400531,900
343,500351,100442,800452,600494,300505,200525,200536,700
346,600354,200446,500456,300498,600509,500530,000541,500
医療職給料表(2)給料月額
188,300192,600242,100247,600298,200305,000313,100320,200
190,300194,600244,300249,800300,600307,400315,900323,000
192,300196,600246,500252,000303,000309,800318,700325,800
194,300198,600248,700254,200305,400312,200321,500328,600
196,300200,600250,900256,400307,800314,600324,300331,400
医療職給料表(3)給料月額
233,200238,500270,800277,000317,300324,500326,400333,800
235,400240,700273,200279,400319,800327,000329,000336,400
237,600242,900275,600281,800322,300329,500331,600339,000
239,800245,100278,000284,200324,800332,000334,200341,600
242,000247,300280,400286,600327,300334,500336,800344,200
職務の級5級6級7級  
給料表別区分旧給料月額新給料月額旧給料月額新給料月額旧給料月額新給料月額  
行政職給料表給料月額  
319,300326,500350,100358,000358,700366,800  
322,100329,300353,700361,600362,400370,500  
324,900332,100357,300365,200366,100374,200  
327,700334,900360,900368,800369,800377,900  
330,500337,700364,500372,400373,500381,600  
医療職給料表(1)給料月額        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)給料月額      
353,700361,700      
357,300365,300      
360,900368,900      
364,500372,500      
368,100376,100      
医療職給料表(3)給料月額      
344,600352,400      
347,300355,100      
350,000357,800      
352,700360,500      
355,400363,200      

(施行期日等)
(最高号給等を受ける職員の号給等の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替期間における異動者の号給等)
ア 切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の号給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0。以下イ及び第4号において同じ。)をもってその者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格した職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日払受けることとなる改正後の号給等(同日における昇給、特別昇給等による号給等を除く。)を切替日の前日に受けていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(切替日前の異動者に準ずる職員)
(改正条例附則第4項と第5項との関係)
(特別昇給をした職員の次期昇給の取扱い)
(切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定)
(職員に対する通知)
(給料の切替調書)
(切替え等に関する特例)
(住居手当の経過措置)
附則別表
職務の級1級2級3級4級
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等
行政職給料表号給又は給料月額16号給16号給19号給19号給27号給27号給28号給28号給
 
142,800144,900195,800198,700257,60028号給310,800315,200
       
144,400146,500197,800200,700259,800263,600313,200317,600
146,000148,100199,800202,700262,000265,800315,600320,000
147,600149,700201,800204,700264,200268,000318,000322,400
149,200151,300203,800206,700266,400270,200320,400324,800
医療職給料表(1)号給又は給料月額21号給21号給26号給26号給26号給26号給20号給20号給
341,800346,600441,500447,700492,300499,300522,300529,600
344,900349,700445,200451,400496,600503,600527,100534,400
348,000342,800448,900455,100500,900507,900531,900539,200
351,100355,900452,600458,800505,200512,200536,700544,000
354,200359,000456,300462,500509,500516,500541,500548,800
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給26号給26号給27号給27号給24号給24号給
  
192,600195,400247,600251,200305,00028号給320,20025号給
      
194,600197,400249,800253,400307,400311,700323,000327,500
196,600199,400252,000255,600309,800314,100325,800330,300
198,600201,400254,200257,800312,200316,500328,600333,100
200,600203,400256,400260,000314,600318,900331,400335,900
医療職給料表(3)号給又は給料月額32号給32号給33号給33号給31号給31号給28号給28号給
  
238,50033号給277,00034号給324,500329,100333,800338,500
      
240,700244,200279,400283,300327,000331,600336,400341,100
242,900246,400281,800285,700329,500334,100339,000343,700
245,100248,600284,200288,100332,000336,600341,600346,300
247,300250,800286,600290,500334,500339,100344,200348,900
職務の級5級6級7級  
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等  
行政職給料表号給又は給料月額26号給26号給24号給24号給22号給22号給  
  
326,500331,100358,000363,000366,800372,000  
329,300333,900361,600366,600370,500375,700  
332,100336,700365,200370,200374,200379,400  
334,900339,500368,800373,800377,900383,100  
337,700342,300372,400377,400381,600386,800  
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給      
      
361,700366,800      
365,300370,400      
368,900374,000      
372,500377,600      
376,100381,200      
医療職給料表(3)号給又は給料月額24号給24号給      
      
352,400357,400      
355,100360,100      
357,800362,800      
360,500365,500      
363,200368,200      

(施行期日等)
(最高号級等を受ける職員の号級等の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替期間における異動者の号給等)
ア 切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の号給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0。以下イ及び第4号において同じ。)をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格した職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の号給等(同日における昇給、特別昇給等による号給等を除く。)を切替日の前日に受けていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(切替日前の異動者に準ずる職員)
(改正条例附則第4項と第5項との関係)
(特別昇給をした職員の次期昇給の取扱い)
(切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定)
(職員に対する通知)
(給料の切替調書)
(切替え等に関する特例)
附則別表
職務の級1級2級3級4級
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等
行政職給料表号給又は給料月額16号給16号給19号給19号給28号給28号給28号給28号給
 
144,900148,500198,700203,400263,60029号給315,200322,300
       
146,500150,100200,700205,400265,800271,900317,600324,700
148,100151,700202,700207,400268,000274,100320,000327,100
149,700153,300204,700209,400270,200276,300322,400329,500
151,300154,900206,700211,400272,400278,500324,800331,900
医療職給料表(1)号給又は給料月額21号給21号給26号給26号給26号給26号給21号給21号給
346,600354,400447,700457,700499,300510,500534,400546,300
349,700357,500451,400461,400503,600514,800539,200551,100
352,800360,600455,100465,100507,900519,100544,000555,900
355,900363,700458,800468,800512,200523,400548,800560,700
359,000366,800462,500472,500516,500527,700553,600565,500
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給26号給26号給28号給28号給25号給25号給
195,400200,000251,200257,100311,700318,800327,500334,900
197,400202,000253,400259,300314,100321,200330,300337,700
199,400204,000255,600261,500316,500323,600333,100340,500
201,400206,000257,800263,700318,900326,000335,900343,300
203,400208,000260,000265,900321,300328,400338,700346,100
医療職給料表(3)号給又は給料月額33号給33号給34号給34号給31号給31号給28号給28号給
  
244,20034号給283,30035号給329,100336,500338,500346,100
      
246,400252,100285,700292,200331,600339,000341,100348,700
248,600254,300288,100294,600334,100341,500343,700351,300
250,800256,500290,500297,000336,600344,000346,300353,900
253,000258,700292,900299,400339,100346,500348,900356,500
職務の級5級6級7級  
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等  
行政職給料表号給又は給料月額26号給26号給24号給24号給22号給22号給  
  
331,100338,500363,000371,100372,000380,300  
333,900341,300366,600374,700375,700384,000  
336,700344,100370,200378,300379,400387,700  
339,500346,900373,800381,900383,100391,400  
342,300349,700377,400385,500386,800395,100  
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給      
      
366,800375,000      
370,400378,600      
374,000382,200      
377,600385,800      
381,200389,400      
医療職給料表(3)号給又は給料月額24号給24号給      
      
357,400365,400      
360,100368,100      
362,800370,800      
365,500373,500      
368,200376,200      


(施行期日等)
(最高号給等を受ける職員の号給等の切替え)
(期間の通算)
(特定の職員の切替え)
(切替期間における異動者の号給等)
ア 切替期間において昇給以外の事由により改正前の条例の規定による号給等(以下「改正前の号給等」という。)を決定された職員については、当該決定の日において改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合に得られる号給等及び当該号給等からの昇給に係る昇給期間を短縮する期間(特別昇給をした職員にあっては、改正後の条例及び改正後の規則の規定を適用した場合における特別昇給の日後の最初の昇給の予定の時期から当該特別昇給後の号給等からの昇給に係る期間に相当する期間をさかのぼった日(以下「特別昇給後の号給等を受けたとみなす日」という。)から当該特別昇給の日の前日までの期間に相当する期間。ただし、特別昇給後の号給等を受けたとみなす日が当該特別昇給の日以後となる職員にあっては、0。以下イ及び第4号において同じ。)をもって、その者の当該決定の日における改正後の号給等及びこれを受けることとなる期間とする。この場合において、改正前の条例の規定により切替日に昇格又は降格した職員については、当該昇格又は降格がないものとした場合にその者が切替日に受けることとなる改正後の号給等(同日における昇給、特別昇給等による号給等を除く。)を切替日の前日にうけていたものとみなして改正後の規則第23条又は第24条の規定を適用するものとする。
(切替日前の異動者の号給等の調整)
(切替日前の異動者に準ずる職員)
(改正条例附則第4項と第5項との関係)
(特別昇給をした職員の次期昇給の取扱い)
(切替日以後の最初の昇給に係る勤務成績の判定)
(職員に対する通知)
(給料の切替調書)
(切替え等に関する特例)
附則別表
職務の級1級2級3級4級
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等
行政職給料表号給又は給料月額16号給16号給19号給19号給29号給29号給28号給28号給
 
148,500154,100203,400209,900271,90030号給322,300331,500
       
150,100155,700205,400211,900274,100282,100324,700333,900
151,700157,300207,400213,900276,300284,300327,100336,300
153,300158,900209,400215,900278,500286,500329,500338,700
154,900160,500211,400217,900280,700288,700331,900341,100
医療職給料表(1)号給又は給料月額21号給21号給26号給26号給26号給26号給20号給20号給
354,400364,500457,700470,700510,500525,000541,500556,800
357,500367,600461,400474,400514,800529,300546,300561,600
360,600370,700465,100478,100519,100533,600551,100566,400
363,700373,800468,800481,800523,400537,900555,900571,200
366,800376,900472,500485,500527,700542,200560,700576,000
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給26号給26号給28号給28号給25号給25号給
200,000206,500257,100264,900318,800327,900334,900344,500
202,000208,500259,300267,100321,200330,300337,700347,300
204,000210,500261,500269,300323,600332,700340,500350,100
206,000212,500263,700271,500326,000335,100343,300352,900
208,000214,500265,900273,700328,400337,500346,100355,700
医療職給料表(3)号給又は給料月額34号給34号給35号給35号給31号給31号給28号給28号給
  
252,10035号給292,20036号給336,500346,100346,100355,900
      
254,300262,000294,600303,200339,000348,600348,700358,500
256,500264,200297,000305,600341,500351,100351,300361,100
258,700266,400299,400308,000344,000353,600353,900363,700
260,900268,600301,800310,400346,500356,100356,500366,300
職務の級5級6級7級  
給料表別区分旧号給等新号給等旧号給等新号給等旧号給等新号給等  
行政職給料表号給又は給料月額26号給26号給24号給24号給22号給22号給  
  
338,500348,100371,100381,600380,300391,100  
341,300350,900374,700385,200384,000394,800  
344,100353,700378,300388,800387,700398,500  
346,900356,500381,900392,400391,400402,200  
349,700359,300385,500396,000395,100405,900  
医療職給料表(1)号給又は給料月額        
        
        
        
        
        
        
医療職給料表(2)号給又は給料月額23号給23号給      
      
375,000385,600      
378,600389,200      
382,200392,800      
385,800396,400      
389,400400,000      
医療職給料表(3)号給又は給料月額24号給24号給      
      
365,400375,800      
368,100378,500      
370,800381,208      
373,500383,900      
376,200386,600      
(施行期日等)
(休職者等の給与の支給割合等に関する経過措置)
(施行期日等)
(施行期日)
(昇格等に関する平成7年度までの間の経過措置)
(平成8年4月1日における給料月額等の調整)
(昇格に関する平成13年度までの間の経過措置)
(読替規定)
第12条第1項第23条第1項第1号から第3号まで若しくは第2項第1号から第3号まで第23条第2項第1号から第3号までの規定又は西川町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則の一部を改正する規則(平成4年3月町規則第7号。以下「改正規則」という。)附則第2項
第23条第3項前2項前項の規定又は改正規則附則第2項
第23条第4項前3項前2項の規定及び改正規則附則第2項
第23条第5項前各項の規定による前3項の規定又は改正規則附則第2項の規定による
前各項の規定にかかわらず前3項の規定及び改正規則附則第2項の規定にかかわらず
第30条第2項又は第44条若しくは第44条の規定又は改正規則附則第2項若しくは第9項
前項の規定前項の規定又は改正規則附則第2項の規定
第40条第2項又は44条若しくは第44条の規定又は改正規則附則第2項若しくは第9項
(雑則)
附則別表
対象職員経過期間昇格後の号給等短縮期間
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に同項第1号に該当し、かつ、改正後の規則第30条第1項第1号に該当しないこととなる職員(以下「初号等職員」という。) 昇格後の職務の級の最低の号給0
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に改正後の規則第30条第1項第1号に該当することとなる職員(以下「第1号職員」という。)9月以上のとき昇格後の職務の級の最低の号給経過期間から9月を減じた期間(その期間が3月を超えるときは3月。以下同じ。)
9月未満のとき昇格後の職務の級の最低の号給0
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に改正後の規則第30条第1項第2号に該当することとなる職員(以下「第2号職員」という。)9月以上のとき対応号給(改正後の規則第23条第1項第2号に定める対応号給をいう。以下同じ。)の1号給上位の号給経過期間から9月を減じた期間
9月未満のとき対応号給経過期間に3月を加えた期間
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に改正後の規則第30条第1項第3号又は第4号に該当することとなる職員(以下「第3号等職員」という。)9月以上のとき対応号給の2号給上位の号給経過期間から9月を減じた期間
9月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に3月を加えた期間
改正後の規則第23条第1項を適用しものとした場合に改正後の規則第30条第1項第5号に該当することとなる職員(以下「第5号職員」という。)6月を超えるとき対応号給の1号給上位の号給6月
6月以下のとき対応号給の1号給上位の号給3月
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に改正後の規則第30条第1項第6号に該当することとなる職員(以下「第6号職員」という。)3月以上のとき対応号給の1号給上位の号給6月
3月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に3月を加えた期間
改正後の規則第23条第1項を適用したものとした場合に昇格した日の前日における給料月額が当該昇格後の給料月額に決定されることとなる給料が3あるとき(当該昇格後の給料月額に決定されることとなる給料月額が4以上ある場合を除く。)の最下位の号給となる職員(同項第4号に該当することとなる職員を除く。以下「第30条適用外職員」という。) 対応号給の1号給上位の号給3月
その他の職員 あらかじめ町長の承認を得て定める給料月額あらかじめ町長の承認を得て定める期間
備考 
対象職員経過期間昇格後の号給等短縮期間
初号等職員 昇格後の職務の級の最低の号給0
第1号職員6月以上のとき昇格後の職務の級の最低の号給経過期間から6月を減じた期間(その期間が6月を超えるときは6月。以下同じ。)
6月未満のとき昇格後の職務の級の最低の号給0
第2号職員6月以上のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間から6月を減じた期間
6月未満のとき対応号給経過期間に6月を加えた期間
第3号等職員6月以上のとき対応号給の2号給上位の号給経過期間から6月を減じた期間
6月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に6月を加えた期間
第5号職員6月を超えるとき対応号給の1号給上位の号給9月
6月以下のとき対応号給の1号給上位の号給6月
第6号職員3月以上のとき対応号給の1号給上位の号給9月
3月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に6月を加えた期間
第30条適用外職員 対応号給の1号給上位の号給6月
その他の職員 あらかじめ町長の承認を得て定める給料月額あらかじめ町長の承認を得て定める期間
備考 18月職員及び24月職員に対するこの表の適用については、対象職員欄の第1号職員の区分、第2号職員の区分及び第3号等職員の区分に対応する経過期間欄の区分中「6月」とあるのは、18月職員にあっては「12月」と、24月職員にあっては「18月」とし、対象職員欄の第5号職員の区分に対応する経過期間欄の区分中「6月」とあるのは、18月職員にあっては「9月」と、24月職員にあっては「12月」とし、短縮期間欄の区分中「6月を減じた期間」とあるのは、18月職員にあっては「12月を減じた期間」と、24月職員にあっては「18月を減じた期間」とする。
対象職員経過期間昇格後の号給等短縮期間
初号等職員 昇格後の職務の級の最低の号給0
第1号職員3月以上のとき昇格後の職務の級の最低の号給経過期間から3月を減じた期間(その経過期間が9月を超えるときは9月。以下同じ。)
3月未満のとき昇格後の職務の級の最低の号給0
第2号職員3月以上のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間から3月を減じた期間
3月未満のとき対応号給経過期間に9月を加えた期間
第3号等職員3月以上のとき対応号給の2号給上位の号給経過期間から3月を減じた期間
3月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に9月を加えた期間
第5号職員6月を超えるとき対応号給の2号給上位の号給(18月職員及び24月職員にあっては対応号給の1号給上位の号給)0(18月職員及び24月職員にあっては12月)
6月以下のとき対応号給の1号給上位の号給9月
第6号職員3月以上のとき対応号給の2号給上位の号給(18月職員及び24月職員にあっては対応号給の1号給上位の号給)0(18月職員及び24月職員にあっては12月)
3月未満のとき対応号給の1号給上位の号給経過期間に9月を加えた期間
第30条適用外職員 対応号給の1号給上位の号給経過期間に9月を加えた期間
その他の職員 あらかじめ町長の承認を得て定める給料月額あらかじめ町長の承認を得て定める期間
備考 18月職員及び24月職員に対するこの表の適用については、対象職員欄の第1号職員の区分、第2号職員の区分及び第3号等職員の区分に対応する経過期間欄の区分中「3月」とあるのは、18月職員にあっては「9月」と、24月職員にあっては「15月」とし、対象職員欄の第5号職員の区分に対応する経過期間欄の区分中「6月」とあるのは、18月職員にあっては「9月」と、24月職員にあっては「12月」とし、短縮期間欄の区分中「3月を減じた期間」とあるのは、18月職員にあっては「9月を減じた期間」と、24月職員にあっては「15月を減じた期間」とする。
(施行期日)
(施行期日等)
(施行期日等)
(施行期日)
(施行期日等)
(施行期日等)
(寒冷地手当に関する経過措置)
3 西川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(平成8年12月町条例第13号。以下「改正条例」という。)第1条の規定による改正前の西川町一般職の職員の給与に関する条例(以下「改正前の条例」という。)第27条に規定する平成8年度基準日(以下「平成8年度基準日」という。)において暫定給料月額を受ける職員については、西川町一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例(昭和55年12月町条例第30号。以下「昭和55年改正条例」という。)附則第7項の町長が定める場合は、改正後の昭和55年改正規則附則第7項に掲げる場合のほか、平成8年度基準日において同欄に掲げる給料月額を受ける場合とし、当該場合に係る昭和55年改正条例附則第7項の町長が定める額は、改正後の昭和55年改正規則附則第6項の規定を準用した場合に得られる職務の等級の号給の昭和55年8月9日払おいて適用される額とする。この場合において、同項第1号中「号給が附則別表第2」とあるのは「旧号給(西川町一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例(平成8年12月町条例第13号。以下「改正条例」という。)附則別表の暫定給料月額欄に掲げる給料月額に対応する同表の旧号給欄に定める号給をいう。以下同じ。)が西川町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則等の一部を改正する規則(平成9年3月町規則第7号)第2条の規定による改正前の西川町一般職の職員の給与に関する条例の施行に関する規則の一部を改正する規則附則別表第2(以下「旧附則別表第2」という。)」と、「職務の級の号給と」とあるのは「職務の級の旧号給と」と、同項第2号中「職務の級の号数」とあるのは「職務の級の旧号数」と、「附則別表第2」とあるのは「旧附則別表第2」と、同項第3号中「号給の額」とあるのは「旧号給の改正条例第1条の規定による改正前の西川町一般職の職員の給与に関する条例(昭和46年3月町条例第7号)の給料表による額」と、「1級下位の職務の級の号給」とあるのは「同表による1級下位の職務の級の号給」と、「附則別表第2」とあるのは「旧附則別表第2」とする。
(施行期日)
(施行期日等)
(施行期日等)
(施行期日等)
(最高号給を超える給料月額を受ける職員の給料の切替え等に関する規則第1条ただし書の規定の適用を受ける職員の昇格等の特例)