(昭和55年8月15日条例第20号)
改正
昭和62年3月18日条例第1号
平成元年3月20日条例第13号
平成9年3月24日条例第8号
平成26年3月14日条例第2号
令和元年12月6日条例第20号
(設置)
(業務)
第3条 削除
(職員)
(入場の制限)
(使用許可)
(使用の不許可)
(使用許可の取消し等)
(使用料)
(使用料の不返還)
(原状回復の義務)
(損害賠償)
(処務)
(委任)
(施行期日)
(施行期日)
(経過措置)
(施行期日)
(経過措置)
(西川町放牧場管理用機械使用料徴収条例の廃止)
別表
種類基本使用料追加使用料備考
区分昼間夜間昼間夜間
一室につき2階研修室1 基本使用料は使用時間4時間までの額とする。
2 追加使用料は超過時間1時間ごとに加算する額とする。
3 夜間とは、午後6時以降とする。
4 宴会場として使用する場合は倍額とする。
5 営利を目的として使用する場合は3倍額とする。
300600150300
乗務員室200400150300
除雪情報管理室300600150300
3階調理室5001,000150300
集会室5001,000150300
1人につき宿泊料種類小中学生一般1 一泊当りの料金とし、午後6時から翌朝8時30分までとする。
区分
宿泊研修5001,000
その他1,0002,000